看護部 患者さんの安心のために

採用情報 > 看護部 > 現任教育について > 新人教育プログラム

新人教育プログラム

天使病院の看護師の研修内容についてご紹介します。

新人オリエンテーション技術研修(10日間)

新人さんが現場に入る前に、看護師に必要な基本姿勢や態度、看護技術を再学習します。注射法やシリンジポンプの使い方、模型を使用した尿留置カテーテル挿入など、各部署の主任と一緒に実践します。

最終日には、技術研修のまとめとして、模擬患者を相手にロ-ルプレイを実施し、現場の雰囲気を味わい、「さあ 行こう!」の心構えができます。

  • 新人オリエンテーション:技術研修1
  • 新人オリエンテーション:技術研修2
  • 新人オリエンテーション:技術研修3

新人オリエンテーション技術研修後の感想

  • Aさん学校の授業では、演習を行わなかった技術もあるので、研修で実際に練習できて本当に良かったです。
  • Bさん看護師役、患者役に分かれて演習することで、患者さんの気持ちを考えることができました。
  • Cさんいろいろな技術を時間をかけて指導していただけたので、病棟にあがった時の不安が軽減できました。

プリセプター制度

新人教育のための部署内教育

新卒者にはプリセプター、エイドが計画的、段階的に、実技指導や相談、励まし、役割モデルを示し、深刻なリアリティショックを体験することなく職場に適応できるように1年間サポートします。

プリセプター:現実的な目標の設定・評価/実践モデル/やる気を引き出すコミュニケーション/身近な相手、スタッフ:患者との関係/医師との関係/看護者との関係/看護者自身の問題
どんな悩みやストレスも一緒に考えていきます。

新卒者研修(6月、9月、2月)

  • 新卒者研修1
  • 新卒者研修2

先輩からの講演や助言を受けながら、グループワークやロールプレイを実施し、情報交換や自己課題の確認、交流の場から仲間意識を高めます。

事故防止対策や状況設定場面から状況判断や優先順位を考えたり、今後の課題を明確にしていきます。

救命救急、診療補助援助の講義、演習を通して看護技術も学んでいきます。

新卒者研修後の感想

  • Aさん患者様とのコミュニケーションや不安なことが沢山ありますが、1つ1つ丁寧に行い、初心を忘れず、看護の学びを深めていきたいと思いました。
  • Bさん研修を終えて、以前悩んでいたこと、困っていたことが少なくなっていることを改めて実感しました。また、周りの支えがあって、今自分が看護の道を諦めずに進めているのだなと気付く事が出来ました。同期の仲間がいる幸せを実感できた楽しい研修でした。

救命救急研修

卒後1年目、既卒新採用者、2~3年目を対象に、臨床研修医と合同で救急蘇生を実践します。卒後1年目は新人研修1回目に、救急蘇生に必要な物品や使用方法、手技を学び、この研修で、急変時の適切な対処方法、自己の役割、医療チームの協力体制について学ぶことができるシリーズ研修になっています。

  • 救命救急研修1
  • 救命救急研修2
  • 救命救急研修3