看護部 患者さんの安心のために

採用情報 > 看護部 > 看護部について > 部署紹介

部署紹介

天使病院で働く看護師は、看護のスペシャリストを目指し、様々なフィールドで活躍しています。
そんな活躍の場をご紹介します。

母と子の健康を守ります!

  • 小児病棟小児全科
  • NICUNICU/GCU
  • 産科病棟産科病棟/MFICU/分娩室/新生児室/産婦人科外来

部署詳細へ

成人疾患をトータルサポート

  • 西4病棟外科/乳腺外科/眼科/婦人科
  • 西5病棟整形外科/耳鼻咽喉科
  • 西6病棟消化器内科/血液内科
  • 西7病棟呼吸器科/糖尿病内科/循環器内科/人工透析内科

部署詳細へ

地域の医療を支えるために

  • 手術部門手術室/内視鏡・血管造影室/中央材料室
  • 外来部門
  • 救急部門
  • 透析部門

部署詳細へ

小児病棟小児全科

急性期疾患や手術を受けるお子さんの入院が多く、入院在院日数が短く入退院が多いのが特徴です。入院時は具合が悪くぐったりしていたお子さんが、退院時にはニコニコと笑顔でバイバイしてくれる姿を見るととても嬉しくなります。
お子さんの笑顔にパワーを貰いながら良い看護を提供できるよう頑張っています。

  • 小児病棟写真1
  • 小児病棟写真2

NICUNICU・GCU

NICUは、早産児や先天性の疾患を含めた病的新生児に、集中的に専門的医療、看護を提供する病棟です。26床の病床で、新生児専門医師と協働し、約40名の助産師、看護師が小さな命を守りながら、児と家族の幸せを目指し看護しています。

  • NICU写真1
  • NICU写真2

産科病棟産科病棟・新生児室・産婦人科外来・分娩室・MFICU

産科病棟写真1

  • 当科は母体・胎児集中治療室を含む産科病棟です。
  • お母さんやご家族に「天使病院に入院したから大丈夫」「退院してからも大丈夫」と思ってもらえるよう、安全・安心・快適な助産ケアの提供を日々、心掛けています。
  • 産科病棟写真1
  • 産科病棟写真2

一覧にもどる

西4病棟外科・乳腺外科・眼科・婦人科

西4病棟写真1

消化器疾患、肝臓・肺疾患、乳腺、婦人科疾患、子宮外妊娠、白内障など、様々な手術患者さんが入院します。安心・安全で苦痛を最小限にした手術看護を実践しています。入院生活では季節を感じてもらえるよう、季節のイベントを大切にしています。

西5病棟整形外科・耳鼻咽喉科

西5病棟写真1

  • 病床数は45床です。(個室:9室、2床室:6室、4床室:6室)
  • 整形外科と耳鼻咽喉科が主な診療科の病棟です。
  • 入院中、快適な療養環境を提供できるよう看護いたします。
  • 安心して退院できるよう、受け持ち看護師が中心となって退院の調整・準備をお手伝いさせていただきます。

西6病棟消化器内科・血液内科

西6病棟写真1

消化器内科と白血病・リンパ腫など血液内科の病棟です。準クリーン管理や化学療法・ターミナルなどの看護を行っています。スタッフは笑顔で優しく生き生きと働き、患者さんと御家族によりよい看護が提供できるよう努力しています。

西7病棟呼吸器内科・糖尿病内科・循環器内科・人工透析内科

西7病棟写真1

呼吸器・循環器の急性期治療や、カテーテル検査・気管支鏡などの検査、糖尿病・在宅酸素などの生活指導、化学療法・ターミナルケアなど幅広い看護を患者さんの生活を大切にして提供しています。

一覧にもどる

手術部門手術室、内視鏡・血管造影室、中央材料室

手術部門写真1

緊急の手術や検査に対応しているので夜中に呼び出されることもたびたびあります。いつでも患者さんのために専門性を発揮し、信頼される看護師を目指しています。

外来部門

外来部門写真1

一般外来のスローガン「LET'S YES!!」
患者さんにもスタッフにも、いつも優しく(Y)笑顔(E)でかかわり、信頼(S)される、信頼できる関係を築きたいと考えています。外来スタッフの平均年齢はちょっと?高めですが、身体年齢はとても若く、フットワークが非常に軽いです。どんなに忙しくても笑顔を忘れず、毎日楽しく看護をしています。みんな、看護への情熱で燃えています。

救急部門

救急部門写真1

救急室(emergency(えまーじぇんしー)room(るーむ)=ER)
救急室では、幅広い年齢層の方々や様々な疾患を対象に、日曜・休日問わず24時間365日、病気に悩まされている人がいる限り休まず活動しています。
私たち救急スタッフは、「二次救急指定病院として」日々、地域の方々の病気と向き合い、柔軟な対応と、安全かつ良質の医療提供を心掛けています。

透析部門

透析部門写真1

当院透析室は、透析導入及び各診療科での入院治療や手術が必要とされる患者さんによりよい治療を提供できるようオンラインHDFを導入しています。
また1床は感染症や手術後など、患者さんの病状や経過に合わせられるよう個室で安全な透析を行っています。医師、臨床工学士及び看護師が安全安楽な透析を目指して力を合わせて取り組んでいます。

一覧にもどる