超音波検査:撮影機器の紹介

超音波検査:撮影機器の紹介
使用目的 装置名(台数) 特徴
心臓専用 GE Vivid E9(1台) 心臓超音波に欠かせない、各種ドプラ機能(パルス・連続波・2D)や壁運動評価、各種計測機能を備えている。
腹部超音波
(汎用機)
GE Logiq E9(1台)
Canon Aplio300(1台)
Canon Aplio400(1台)
腹部領域はもちろん、表在性臓器、血管を含め多くの部位の診断にも対応できる広範な機能を有する。ドプラ機能はもちろん、ハーモニクス機能などを持ち、3台のうち2台は超音波造影検査にも対応できる装置。
フィブロ
スキャン
(汎用機)
Fibro Scan touch 5021(1台) 肝臓の硬さを非侵襲的に評価することができる。肝臓の硬さを数値(キロパスカル:kPa)で表示する。