放射線科:撮影機器の紹介

放射線科:撮影機器の紹介
使用目的 装置名(台数) 特徴
一般撮影 日立 DHF155H II など
(3台)
この装置により、胸・骨・腹などの単純撮影を行います。使用頻度が高く、身近に使われる装置です。
CR装置 富士フィルム FCR PROFECT CS など
(3台)
撮影画像をこの装置によりデジタル化し、診断目的に合ったX線写真を作る装置です。
X線TV撮影装置 東芝 DPX-5000A など
(2台)
胃バリウムなどを行う装置で、デジタル対応により画像編集が可能な装置です。
外科用X線TV装置 島津 OPESCOPE PLENO
(1台)
手術室でおもに使われ、骨折などの透視を見ながら整復を行い、安全な手術の手助けをになう装置です。
全身用CT Canon Aquilion ONE
(1台)
320列CTです。2019年導入時の最新機種です。
MRI 東芝 Vantage Titan
(1台)
1.5T(テスラ)の装置です。静音設計で、撮影開口部が広く圧迫感の少ない装置です。
乳房撮影装置
(マンモグラフィ)
富士フィルム AMULET INNOVALITY
(1台)
2014年に導入しました。FPD(フラットパネル)を採用し、少ないX線量で高精細な画像を得られる装置です。
血管撮影装置
DSA装置
シーメンス Artis Zee BA
(1台)
2012年導入の装置で、少ないX線量で細やかな血管を写し出し、多くの画像を瞬時に撮影できる装置です。
骨密度測定装置 ホロジック DELPHI A型
(1台)
全身用骨密度計測装置で、最高機種です。
ポータブル撮影装置 島津 Mobile Art Evolution
など (3台)
撮影室に下りてこられない重病な患者さまや、新生児の撮影時に各病室に出向いて撮影を行う装置です。