札幌市東区の総合病院 天使病院
診療科紹介 - 産婦人科「和痛分娩」

産婦人科 貴女と赤ちゃんを守るために

HOME > 診療科紹介 > 産婦人科 > 和痛分娩

和痛分娩

当院では和痛分娩を行っています

出産は"身二つになる"と別称されるほどに生きることのなかでの貴重な体験ですが、そこには陣痛という"産みの苦しみ"を伴います。この陣痛は、非常に困難なことを成し遂げたときに"陣痛の苦しみのような"と言い換えられるほどに大きな痛みで、出産を経験されたお母さんからは、生涯最強の痛みだったとの感想をよく耳にします。痛みというものは、できることなら避けて通りたい感覚です。"この陣痛が少しでも軽くなれば..."と願うのは誰しも共通することでしょう。

当院では、希望される方に和痛分娩を行っています。痛みと全身管理の専門家である麻酔科医が常勤しているため、出産に伴う痛みを軽くするノウハウが整っており、安心して和痛分娩を受けていただけます。

和痛分娩をご希望の方へ

  • ご希望の方は妊婦健診の際、産婦人科担当医にお申し出ください。
  • 事前に麻酔科医の診察と和痛分娩に関する麻酔の説明を受けていただきます。(できれば36週以前に)
  • 当院の和痛分娩は、基本、陣痛の自然発来に合わせて対応しております。
  • 37週に到達していることが実施の前提条件です。
  • 現在は土・日・祝日を問わず24時間いつでも施行できる体制を整えております。
  • あらかじめ希望された方には極力おこなえるようにいたしますが、タイミングや諸事情によってはご要望におこたえできない場合もあります。予めご了承ください。

和痛分娩とは

麻酔薬を使って陣痛の痛みを軽減して出産する方法で、当院では、硬膜外麻酔(こうまくがいますい)による和痛分娩を実施しています。

例えば、鎮痛薬を静脈注射や筋肉注射することで痛みを取る方法は簡便ですが、お母さんが眠気を催したり、おなかの中のあかちゃんにも麻酔が効いてしまったりするので、あまり好ましくありません。そこで、お母さんの分娩の妨げにならない、そして生まれてくるあかちゃんにも影響がない鎮痛方法が必要となります。硬膜外麻酔は手術のための麻酔方法の一つで、お母さんとお子さんへの影響を最小限にすることができるので、まさに和痛分娩に最適な麻酔方法なのです。

硬膜外麻酔とは

背中(硬膜外腔)にナイロン製の細いチューブを入れて麻酔薬を注入する方法です。 盲腸の手術の時などに腰からする脊椎麻酔(せきついますい)とは違い、硬膜外麻酔では薬の濃度や量を微調整することができるうえ、持続的に薬を投与することが可能です。それにより、出産時に"いきむ"ことや、場合によっては何日も陣痛の痛みをとることができるのです。

和痛分娩の方法

(1)本格的な陣痛が始まる少し前にチューブを入れます。
  1. ベッドに横になって、おなかの赤ちゃんを圧迫しないように気をつけながら膝を抱えるような姿勢をとります。
  2. 背中を消毒し、とても細い針で局所麻酔をします。
  3. 腰椎と腰椎のすき間から細いチューブを入れます。
※ チューブを入れるときにほんの少し圧迫感がありますが、痛みは伴いません。
※ 5~10分程度で終わります。
(2)背中から延びた細いチューブの先に痛み止めの薬(局所麻酔薬+少量の麻薬)が装てんされた自動注入式のポンプをつけます。
ポンプはポーチに入っていて首にぶら下げて歩き回ることができるくらいの大きさです。
(3)陣痛が始まったら少量から開始していきます。
(4)陣痛は次第に強くなり、間隔も短くなってきます。それに合わせて薬の量を調節します。

よくある質問

Q1.和痛分娩は全く痛みがないのですか。
A1.痛みが全くなくなるわけではありません。軽い陣痛は残しておきます。
その理由は、赤ちゃんが産道を下りていくのを助けるために、陣痛に合わせておなかに力を入れて"いきむ"必要があるからです。
陣痛が急に強くなった場合には、ポンプのボタンを押すことで一時的に薬を多めに投与することができますのでご安心下さい。
Q2.誰でも和痛分娩を受けることができますか。
A2.ほとんどの方が可能です。
ただ、麻酔薬へのアレルギーや全身状態などによってできない場合もあります。そのため、事前に麻酔科を受診していただいています。
Q3.合併症はありませんか。
A3.合併症が起こる可能性はほとんどありません。 場合によっては、脊髄神経のそばに血の塊ができる硬膜外血腫や、チューブを入れることで感染を起こすといったことは考えられます。しかしながら、もともと健康なお母さんにおいてはまず合併症は起きないといっていいでしょう。
Q4.費用はどれくらいかかりますか。
A4.通常の分娩費用に加え、別途費用がかかります。
詳細は産婦人科担当医にお尋ね下さい。
Q5.赤ちゃんへの影響はありませんか。
A5.使用する薬は局所麻酔薬と微量の麻薬です。薬剤の中では胎児(たいじ)に対する影響が少ない部類に入ります。さらに、必要最小限の薬量で行ないますから、赤ちゃんに薬剤の影響が及ぶことはまずありませんので、ご安心ください。

ページの先頭へ