札幌市東区の総合病院 天使病院
診療科紹介 - 産婦人科「母乳育児の推奨」

産婦人科 貴女と赤ちゃんを守るために

HOME > 診療科紹介 > 産婦人科 > 母乳育児の推奨

母乳育児の推奨

天使病院では、自然な出産からその延長線にある自然な形での育児「母乳育児」をお手伝いしています。母乳育児は、赤ちゃんの身体も心も健やかに育てます。

妊娠中の乳房ケア

妊婦健診の中で助産師による乳房の診察を行い、その中で乳輪マッサージの指導も行っています。
妊娠中から乳輪のマッサージをしておくことで、乳首を丈夫にし、赤ちゃんが吸いやすい状態に整えることができます。
36週になったら乳輪のマッサージを始めましょう。

乳房変化のケアと退院時指導

個人差はありますが、乳房の状態は変化します。乳房が張って痛くなることや、赤ちゃんに吸われて乳首が痛くなることもあります。母乳が思うように出ず、焦ることだってあると思います。

そんな不安に思うことや困ったことに、助産師が対応します。

また、退院前日には、これから始まる自宅での育児に対して、少しでも不安や心配を減らして退院できるよう、個別にお話をする時間を設けています。ご家族にも積極的に参加いただいています。

母乳をあげられないお母さんへのサポート

お母さんの病気や赤ちゃんが未熟児だったなどには、すぐには直接母乳をあげられないことがあります。そんな時にも、母乳育児の取組みを助産師がしっかりお手伝いします。

  • 乳輪マッサージで母乳の分泌促進
  • 搾乳の仕方
  • 母乳の冷凍保存の仕方    など

母乳はあげられなくても、抱っこしてもらったり、肌をなでてもらったり、声をかけてもらったり、というスキンシップが赤ちゃんにとって大切なことなのです。

母乳相談・育児相談

1ヶ月健診では、赤ちゃんの成長や発達のチェックとともに、母乳相談や育児相談を行っています。乳児健診は1歳まで行っていますので、母乳や育児についていつでもご相談いただけます。

ページの先頭へ